スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラストレーターの阿部真理子さん死去(時事通信)

 阿部 真理子さん(あべ・まりこ=イラストレーター)3月29日午後8時24分、内臓疾患のため福島県郡山市の病院で死去、51歳。同市出身。自宅は同市深沢2の11の10。葬儀は済ませた。喪主は弟充宏(みつひろ)氏。5月21日にお別れの会を開く予定。
 著書に絵本「ボクがこんなにふとった理由」「むしゃむしゃマンモス」、池澤夏樹さんとの共著「メランコリア」など。 

【関連ニュース】
特集・恐竜図鑑~「砂丘の怪物」化石発見=1億8500万年前の草食恐竜~
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待

「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)
沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)
<川崎死体遺棄>白骨遺体に傷(毎日新聞)
<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
「首相は外交下手」社民政審会長(産経新聞)

<日本創新党>設立届…「第三極」へ見切り発車(毎日新聞)

 地方自治体の首長らによる新党「日本創新党」は19日、総務省に政治団体の設立届を提出した。大阪府の橋下徹知事が代表の地域政党も同日、大阪市内で設立集会を開くなど、新党の動きが続いている。ただ、新党は乱立気味で、創新党は18日の立党会見でも具体的な政策や参院選への党幹部の出馬があいまいな「見切り発車」の感が否めない。今後は「第三極」の旗頭を巡り、新党間の主導権争いが展開されそうだ。【笈田直樹、野原大輔、野原寛史】

 「川のこっち側なのか向こう側なのか、まず見極めたい」

 枝野幸男行政刷新担当相は18日、視察先の岩手県遠野市で記者団にこう語り、具体策の提示がない創新党の問題点を指摘した。

 同党党首の山田宏・東京都杉並区長は18日の会見で「自由で力強い日本を目指す」「現実主義に基づいた外交を」と訴えたが、具体策は「各地で国民がどう思うか聞きたい」と先送り。山田氏や代表幹事の中田宏前横浜市長ら党幹部の参院選出馬も「しかるべき時期に発表する」と話すにとどめた。

 創新党に参加する地方議員には困惑が広がる。「政策指針」は18日の発表資料で初めて目にし、入党手続きもこれからで「動きが遅い。もう1、2カ月早くやってくれないと困る」と不満も漏れる。秋田県の佐竹敬久知事は19日の会見で「(参加者は)それぞれの自治体運営が中途半端な中で創新党に移った」と述べ、任期途中で辞任した中田氏や現役区長の山田氏に疑問を投げかけた。

 一方、「第三極」として先行するみんなの党の江田憲司幹事長は19日のBS11の収録で、たちあがれ日本と創新党を「両党とも極めて国家主義的だ」と切り捨てた。消費税率引き上げを目指すたちあがれ日本とは明確に一線を画し、創新党にも「どういうアジェンダ(政策課題)か存じ上げない」(渡辺喜美代表)と参院選前の連携に消極的で、第三極の結集軸は見当たらない。

【関連ニュース】
新党:「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず
与謝野元財務相:新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ
みんなの党:「参院選出馬20人以上に」渡辺代表
社説:与謝野氏離党届 早く新党の理念見せよ
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で

仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
【視点】水俣病 第2の政治決着で前進(産経新聞)
ゼンセン同盟 外国人参政権付与反対へ 政府・民主の強行牽制(産経新聞)

<胎児治療薬>保険を適用 胎盤通じ投与、呼吸困難防ぐ(毎日新聞)

 早産で生まれる新生児の呼吸困難を防ぐため、妊婦に注射し、胎盤経由で胎児の肺の発育を促す薬剤「リンデロン注2ミリグラム」「同4ミリグラム」(一般名・ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム)が、厚生労働省から治療薬として承認され、保険適用されたことが分かった。胎児治療への保険適用は国内で初めて。06年から要望していた日本産科婦人科学会は「薬価自体は安価だが、保険適用は国が胎児を治療対象として認めたことを意味し、非常に画期的だ」と評価している。

 承認は09年11月6日付。製造販売元の塩野義製薬によると、同剤は抗アレルギー薬などとして1960年代から販売されていた。今回、母体に投与して胎児の肺の発育を促す効能が追加承認され、添付文書に記載された。大学病院など高度な周産期管理が可能な施設で使用される。母親の健康保険証で治療を受けられる。新生児の約1%に当たる年間1万人程度が投与の検討対象になっていると推定されている。

 胎児の肺機能は、妊娠34~35週以降に十分に発達する。肺が未発達な早産で生まれた新生児は呼吸が苦しく、十分に酸素を取り込めない「呼吸窮迫症候群」になる恐れがあり、その場合は新生児集中治療室(NICU)で長期間の管理、治療が必要になる。

 34週未満の早産が予想される妊婦に筋肉注射すれば、胎盤経由で胎児に投与され、出生前に十分な肺の発育を促す効果がある。出生後に呼吸窮迫症候群になるリスクや死亡リスクを3割程度減らせ、臨床現場で15~20年前から使われていた。

 厚労省審査管理課は「日産婦から要望があり、国内外で使用実績や科学的データも集積されているので承認した」と話す。名取道也・日本周産期・新生児医学会理事長は「科学的根拠に基づく必要な医療を胎児が受けられるようにし、治療費負担で家族が困らないようにすることが大切だ」と話している。【江口一】

【関連ニュース】
大洋薬品工業:配合量誤り業務停止へ 岐阜県が方針固める
大洋薬品工業:社長が辞任 誤配合の薬販売で
iPS細胞:「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研
入れ歯安定剤:自主回収 健康被害の恐れ
大洋薬品:配合ミスの薬流通 社長が辞任へ

5613匹 春風に泳ぐ 「世界一こいのぼりの里まつり」(産経新聞)
学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原(医療介護CBニュース)
明石歩道橋事故 聴取を元副署長に要請 検察官役弁護士、全面可視化で(産経新聞)
1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
<発砲>西部ガス役員宅近くの路上に数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)

<新党>「たちあがれ日本」多難な船出か…10日発足(毎日新聞)

 自民党の中川義雄参院議員(72)は7日、党本部で大島理森幹事長に離党届を提出し、与謝野馨元財務相(71)や平沼赳夫元経済産業相(70)らが結成する新党「たちあがれ日本」への参加を表明した。新党は政党要件を満たす国会議員5人を確保し10日に発足するが、期待した自民党中堅・若手議員に賛同者は広がらず、多難な船出となりそうだ。

 3氏以外のメンバーは自民党の園田博之前幹事長代理(68)と参院議員の藤井孝男元運輸相(67)。園田氏はすでに離党届を出し、藤井氏も8日に提出する。代表は平沼氏が務め、与謝野氏が同格のポストに就任する。新党の名前は石原慎太郎東京都知事が「事実上の命名者」(与謝野氏)となった。

 与謝野氏らは早くから5人の確保に自信をみせていたが、調整は難航した。背景には、保守再生を前面に出す平沼氏と、リベラル色の強い与謝野氏が合流することへの違和感がある。平沼氏から入党を要請されていた鴻池祥肇元官房副長官(69)が参加を断ったのもこのためだ。無所属の「平沼グループ」の小泉龍司衆院議員(57)と城内実衆院議員(44)も結党に加わらなかった。新党のメンバーが結果的にベテラン議員に偏り、中堅・若手議員が様子見を決め込んだことも、与謝野氏らには誤算だった。

 中川氏は98年参院選で北海道選挙区から初当選し2期目。昨年死去した中川昭一元財務相の叔父にあたり、平沼氏と近い。改選を迎える今夏参院選では高齢を理由に自民党の公認を得られず、引退とみられていた。新党では比例代表で立候補する見通し。

 新党は中川氏の参加で何とか政党の体裁を整えたが、10月に政党交付金を受け取るには参院選での議席獲得が絶対条件になる。新党関係者は「できれば参院選に左右されないメンバーでスタートしたかった」と漏らす。

 与謝野氏は7日、主宰する自民党の勉強会「正しいことを考え実行する会」で「自民党を分裂させるためにやったわけではない。若い世代が党の中で活躍し、国会で厳しく政府・与党を追及してほしい」とあいさつしたが、中堅・若手議員から新党への同調者が出なかったことへの寂しさも漂わせた。

 一方、東京都内で7日開かれた自民党の全国幹事長・政調会長会議では、与謝野氏への批判が相次いだ。長崎県連は「小選挙区で落選して自民党の比例代表枠で当選した人が離党して目立ち、残った人がみじめにみえるのは許せない」と指弾した。【中田卓二、大場伸也】

【関連ニュース】
新党:議員5人確保にめど 参院の中川義雄氏が自民離党届
新党:名称は「たちあがれ日本」 平沼氏ら結成
自民党:鴻池元副長官、新党に参加せず
与謝野元財務相:平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず

高速道路上限制導入後、フェリー運賃は倍額 大阪フェリー協会試算(産経新聞)
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
増える帰化、民団の「組織維持目標」か(産経新聞)
麻薬密輸罪の日本人、中国で死刑執行へ(読売新聞)
「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)

日本側も安全確認=山崎さん搭乗シャトル-宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は31日開かれた文部科学省宇宙開発委員会で、4月5日に山崎直子さん(39)が搭乗して打ち上げられる米スペースシャトル「ディスカバリー」について、日本側も安全を確認したと報告した。
 ディスカバリーは、右舷の姿勢制御用エンジン(RCS)で、燃料タンク加圧用のヘリウムガスが漏れる不具合が発生。米航空宇宙局(NASA)が原因を調査していたが、3月27日に「複数の安全制御手段がある」と判断。宇宙機構もこの判断を妥当とした。
 ディスカバリーは4月5日午後7時21分(米東部夏時間午前6時21分)、フロリダ州ケネディ宇宙センターで打ち上げられる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)
菅副総理「賢明な判断」要請=人民元問題で中国首相に(時事通信)
<車両火災>3人が焼死、ダム近くの路上 富山・南砺(毎日新聞)
<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)
「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕(産経新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。